するべき防犯対策

もし、女性の方でシェアハウスに住みたいと考えているのであれば、しっかり防犯対策をするよう考えておきましょう。女性専用はもちろん、男女共用のシェアハウスであっても、どのようなトラブルに巻き込まれるかは分かりませんので、十分な対策をしておくべきです。シェアハウスは、一般的な集合住宅よりも隣人との距離が近いため、個室の戸締りはしっかりとしておきたいです。ちょっとコンビニやごみ出しに行くという時も、施錠するよう意識しておきましょう

また、同居人だけではなく、外部から泥棒が入る可能性があるため、貴重品はともかく、大金は個室であっても置いておかないほうが安心です

また、基本的な事として、カーテンを必ず取り付けましょう。入居前からついているところもありますが、自分で用意しなければならない場合も考えられます。カーテンがないと外から丸見えですし、留守という事を教えてしまう原因になります。戸締りをしていても留守が分かれば侵入される心配があります。自分が外出する時はカーテンを閉め、しっかり鍵を閉めておくようにします。

シェアハウスの中にはオートロックのところもありますが、その場合にも自分で鍵が閉まっているか必ず確認してください。

女性専用で安心

通常のシェアハウスですと、男女問わず住人が住んでいます。そのため、どういう人が住んでいるか分からない物件で暮らすのは、女性の立場からすると不安で仕方がないこともあるでしょう。セキュリティがしっかりしていたとしても、共有スペースでは他人と顔をあわせる事になりますし、どういうトラブルに巻き込まれるかは分かりません。シェアハウスに住む前からそういった不安を抱えているのであれば、セキュリティ性が保たれているだけでなく、女性専用のシェアハウスを選ぶことをおすすめします。

女性専用のところですと、下着泥棒や覗き見などのトラブルの心配はありませんし、恋愛のいざこざもほとんどないと考えて良いでしょう。シェアハウスでセキュリティを強く意識する女性の多くは、やはり男性への恐怖心を抱く事と思います。であれば、女性専用のところに住めばそのような心配はありませんので、安心して生活していけるでしょう。

女性専用のシェアハウスの場合、安心して住めるよう、セキュリティに力を入れているシェアハウスも多くありますので、不安なく住めるでしょう。もし、シェアハウスに住みたいと思っているのであれば、女性専用のところを選んでみてはいかがでしょう。

シェアハウスの防犯性

シェアハウスは初期費用や月々の費用が安いため、女性の多くも利用したいと考える事があると思います。しかし女性は特に、シェアハウスを利用する際には、セキュリティ面に注意すべきです。当サイトでは、女性がシェアハウスを利用する時に注意すべき事について紹介しています。

シェアハウスは一般的な住宅に住むのとは違い、一つの物件に大勢の人が住んでいます。規模にもよりますが4人くらいのところもあれば、100人近く住む人のいる大型シェアハウスも存在します。いくら普段は仲良く過ごしているにしても、セキュリティ面は十分に注意するべきでしょう。

男性にも言える事ではありますが、女性は特にセキュリティ面に注意し、自分の身は自分で守るよう意識しましょう。基本的にはまず、シェアハウスを選ぶ段階でセキュリティ性が保たれたところを探すべきです。一般的には通常の賃貸に比べてシェアハウスはセキュリティ性能が高めと言われていますが、より身を守るよう考えるのであれば、「個室」や「玄関」のオートロック、防犯カメラが設置されている、ホームセキュリティサービスに登録している物件を選びましょう。

これだけしっかりしたセキュリティが保たれているにしても、いつどのタイミングでトラブルが起こるかはわかりません。戸締りはもちろん、貴重品は他人の手が届かないようなところに保管しておくなど、日頃から防犯意識を持っておくことが、女性がシェアハウスで暮らす事において大切でしょう。